« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月 7日 (火)

時間を止めて

ふいに君の姿を見失った

祭りでにぎわう人ごみの中・・・

やがて夜店は灯かりを落とし 最後の花火も燃え落ち

人々はそれぞれの場所へと帰ってゆく

僕はひとり冷たい石の階段に座り

その流れをじっと見ていた

 さみしくて さみしくて

 どうしようもないくらいさみしくて

 こんな気持ちになるのなら最初から

 祭りなんてなければいいのに・・・

どうか 行かないで束の間の季節よ

 さみしくて さみしくて

 張り裂けそうなくらいさみしくて

 こんな思いをするのなら

 最初から恋なんてしなければよかった

 君を好きになんて・・・

またひとつ灯かりは消えて 人々の足音も

遠くへ消えてゆく

また いつもの夜に戻ってゆく

また 忘れていたはずの孤独な心がよみがえる

帰りたくない 帰りたくない

どうか この場所に

どうか あの時間の中へ

僕を連れ戻して

時間を止めて・・・ 時間を止めて・・・

| | コメント (4)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »