« 2007年10月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

I want to hug

抱きしめてあげよう
君を傷つけるものから
君を悲しませるものから
君を守りたい...

泣いていいよ...
泣いていいんだよ...

今は意地なんてはらないで
素直に生まれたままに
泣いていいんだよ...

大人なんて子供の延長さ
ずっと立ち続け歩き続けることに
疲れる事だってある
思いのまま全てを吐き出したいことだって

だから今夜は泣いていいよ
ずっとずっと
抱きしめていてあげるから...

| | コメント (0)

2008年1月30日 (水)

闇という名の鎧

何ひとつ見えてこない。。。
希望なんてどこにもみつけられない。。。
そんな時 僕はどうしたらいいの?
胸をかきむしり空に向かって大声で叫んでも
こだますら返ってこない
ただ虚しさの中に消えてゆくだけ

前に行けと言ったってどっちが前だかわからない
日々色褪せてゆく僕自身
何も出来ないでいる 何も出来ないでいる
黙って錆ついてゆくのを見ているだけ...

気持ちは動きたいのに こんなとこに居たくないのに
見えない鎧が 僕の体を地へ沈める程の重さで
押さえつけている...
歩きたいのに...歩きたいのに...

| | コメント (0)

2008年1月29日 (火)

for.....

僕は誰のために歌を歌っているのだろう
何のために歌っているのだろう...
ステージの上でヒーローになるため?
時代を作っていくため?
お金が欲しいだけ?
時々わからなくなるんだ

クローゼットの奥 埃かぶった古いレコード
なつかしい子供の頃に聴いた曲
あの頃の想いがよみがえる
悲しくて寂しくていつも泣いてたあの頃を
それをつなぎ止めて今日まで導いてくれた曲...

僕は僕のために歌い続ける
その途中、誰かが僕の歌に触れ涙を流し
笑顔になってくれるなら
僕の歌は生まれて来て良かったって思える...

| | コメント (0)

雪に紛れて

カーテンを引いてみると
はらはらと雪が舞っていた
ニュースでは電車が遅れてると言っている
ほら 言い訳ができた
だからいつもより君の肩を長く抱いていられる
このしばらくは止みそうもない雪を見つめながら。。。

Photo_4

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2008年2月 »